やってみた

コマツナ研究①

私が、大学時代に研究していた研究結果を記事にしてみました。
なるべく分かりやすいようにしたのでぜひ見てみてください。
*あくまで、いち学生の研究なので、多少の誤りはあるかもしれません。ご了承ください。

植物は、収穫後に当たり前ですが品質が低下します。
スーパーに売られている野菜などもとれたてと収穫後何日か後では、色やみずみずしさが違うと思います。

これは、どんな変化が起こっているかというと、「クロロフィル」が分解されたことと、水分が奪われた(蒸散)が起きたからです。

買った野菜をどのように保存しておけばおい

また、野菜の中でも、クロロフィルが分解され、品質低下が大きい作物が小松菜やホウレン草などの葉菜類です。

詳しくは、下の文を読んで見てください!
卒論発表では、このようなことを書きました。

クロロフィルは、植物の光合成に必須の色素であり、
緑色成分と知られているクロロフィルは、葉の老化や果実の成熟などに伴い分解されます。

収獲後、園芸作物は品質低下が生じる。
特に緑色青果物においては、品質低下が顕著である。
その主要な原因は、クロロフィル分解である。
これにより、黄化など生じる。

そこで、私は研究の一部でこのようなことを実験しました。

4℃と25℃の保存環境では、どのような品質低下の違いがあるのかどうか?

4℃は一般的な冷蔵庫の温度です。
25℃は室温ぐらいの温度です。
実験では、温度を管理してくれる「冷暗室」と「恒温室」があったのでそこに入れて実験を行いました。

実験材料
・コマツナ (品種 ‘はっけい’)
・ポリエチレン袋(厚さ0.03mm、非密封)

今回は、コマツナを用いて行いました。
コマツナを使ったのは、コマツナは葉菜類の中で品質の低下が激しいため、経過が見やすいから研究の対象になりました。

保存方法は、ポリエチレン袋に入れてテープなどを留めて完全密封するのではなく、袋に入れて折りたたんだ非密封で行いました。
これにより、蒸散などの動きも分かりやすくなります。

測定期間
1週間
(研究のため材料を送ってもらっていたので、収穫後からあまり日数がたっていないと思います。)

測定内容
①外観変化(写真)
②表面色(分光色差計)
③クロロフィル含量、カロテノイド含量
 (N,N-ジメチルホルムアミド法)

①外観変化・・・これは分かりやすいと思います。見た目での変化です。
1日目と7日目(Day0とDay6)の見た目の変化です。
*Day0(これは、コマツナが手元に届き実験をスタートさせた日です。実験スタートで貯蔵日数は0日なのでDay0と表しています。)

Day0

コマツナは、25℃の貯蔵の場合2日目から老化が始まっています。

さらに、25℃貯蔵のコマツナは6日目で腐敗が起きています。
4℃のコマツナも貯蔵6日目で少し老化し始めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. e86642434565dc18a4778f6975e979a3_m

    ハーブティー

    ハーブティーおすすめ
  2. A photo by Vee O. unsplash.com/photos/hGO27G5tZJ8

    ハーブティー

    ハーブティーと紅茶の違い
  3. kamomi-ru

    ハーブティー

    ポンパドール
  4. 006800_600

    ハーブティー

    ルピシア
  5. f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s

    ハーブ

    ハーブオイル・ビネガーの作り方
PAGE TOP