0000000002112

ハーブティー

ハーブティー(ル・ベネフィック)

フランス発トルコの遊牧民の知恵でつくられたハーブティー<ル・ベネフィック>

0000000002112

ル・ベネフィックとは?特徴は?

野生の植物を、1本ずつ手でていねいに摘み取って、そのままの形で乾燥させたハーブティー。
トルコの遊牧民に伝わる方法で乾燥するのでほぼ加工しないしないことで、植物の形を自然の状態のままで楽しめます。
パッケージから出したら、そのままスティック状のハーブをカップに入れるだけ、見た目も所作も優雅ですね。

普通のハーブティーは細かくなっているものがほとんどで、元の形をそのまま残しているというお茶はなかなか見ることができません。「LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)」のハーブティーは、「元の形をそのまま残している」とても珍しいハーブティーなのです。単に味わうだけではなく、植物がハーブティーになっていく過程を眺めている時間も、楽しむことができます。

ru-benehi-harbs

名前の由来は?

ベネフィックはフランス語で「利益になる」「恩恵をもたらす」。「すべての植物には人々の健康をよい状態に導く効能がある」という発想のもと名付けられたそうです。作る行程でBIO(ビオ)の認証マークを得ており、近年BIOビオ意識の高まるフランス人から注目されているのです。
LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)のハーブティーに使用される野生の植物は、女性の手で1本ずつ摘み取られます。
これは、トルコの遊牧民ヨルックと呼ばれる少数民族に伝わる特殊な方法。

トルコは自然が豊かで、チューリップやラベンダーなど元々トルコが原産の植物が多くあるのですが、自然に恵まれた土地でありながら、そのことがあまり知られていないのが現状です。

「昔ながらの方法で地元の人たちによってハーブの採集をされることが、彼らの伝統的なライフスタイルと共にその土地の自然を維持することにもつなげたい」という思いが、LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)のハーブティーに込められています。

また古代から存在し治療薬としても使用されてきたハーブは、伝統的な自然療法のひとつ。
「古くからあるもの」という印象を与えるために、歴史的な人物をシンボルとしてパッケージに使用するなど、たくさんのこだわりが見て取れます。

おすすめポイント

ポイント①

遊牧民の生活に基づいて始まった
原料となる野生のハーブは、女性の手で1本ずつ摘み取られます。こうした摘み方は、元は遊牧民だった、ヨルックとよばれる少数民族と結びついている特殊なものです。古代、アナトリア半島に移住したトルコ人の先祖は遊牧民でした。十数世紀を経て彼らのほとんどが定住生活をはじめますが、一部の少数派は遊牧民のこころを持ったまま、特定の地域に集落をつくりながらも、夏は山の中で生活を続けました。このハーブを採集しているのは、こうした遊牧民の流れをくみ、今は村をつくって完全に定住した人たちです。男たちは羊飼いを、女たちは冬の間は手仕事、夏の間はハーブを摘んで過ごします。

ポイント②

植物そのものの見た目で、植物をそのままでカップに入れるだけ。
野生の植物を、1本ずつ手で摘み取ってそのままの状態で乾燥させた、ほぼ加工しないことによって、植物の形を自然の状態のまま目で楽しめます。パッケージから出したら、そのままスティック状のハーブをカップに入れるだけ、見た目も所作も優雅ですね。

植物は古代から、病を治す力があるとされ、大切な薬の役割を果たしてきました。西洋医学が進んだ今日でも、自然と一体化して山で生活を営んでいる遊牧民たちは、植物から得られる自然の恵みを熟知しています。ル・ベネフィックはそんな彼らの知恵を拝借し、伝統的な自然の治療法を広く知ってもらいたいという思いから生まれました。

その見た目の美しさ、商品へのこだわりが世界中で注目を浴びています。

@goee.kim_が投稿した写真

ル・ベネフィックを扱っているお店はアジアではまだ二店舗。日本では東京のkusakanmuriさんで購入が可能です。
野生の植物を1本ずつ手で摘み取って、そのままの状態で乾燥させた“ル・ベネフィック”のハーブティーは、全工程においてBIO(オーガニック)の認証マークを取得。徹底された厳しい管理のもとに生産され、安心!

「LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)」は2013年に設立されたフランス発のハーブティー・ブランドです。そもそも植物には人間の身体を健康に導いてくれるという発想がこのブランドの根底にあるのです。そこから、野生のハーブを使用したさまざまないハーブティーを開発しています。ぜひ、一度飲んでみてはいかがでしょうか?

코티브さん(@le_benefique)が投稿した写真

パッケージだけでも十分芸術的な雰囲気を醸し出しています。お茶としてだけでなく、見て楽しむこともできるハーブティーなのです。

詳しくは、こちらのページを見てください。 出典:kusakanmuri
http://www.kusakanmuri.com/tsushin/interview/04_le_benefique.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. mauroburu1

    ハーブティー

    ハーブ(マウロブルー)

    まるで魔法のように色が3色に変化するハーブティー「マロウブルー」のすす…

  2. A photo by Vee O. unsplash.com/photos/hGO27G5tZJ8

    ハーブティー

    ハーブティーと紅茶の違い

    ハーブティーと紅茶の違い簡単に言いますと、茶葉を使用しているかいな…

  3. 006800_600

    ハーブティー

    ルピシア

    ハーブティー ルピシアhttp://www.lupicia.com…

  4. the-glass-cup-of-green-tea-1322275-1598x1161

    ハーブティー

    ハーブティーの楽しみ方

    まず、ハーブティーのメリットとは?ハーブティーを飲むメリットは…

  5. ハーブ

    ハーブオイルのレシピ

    出典:S&Bオシャレで、料理に便利な「ハーブオイル」は、実…

  6. herbal-tea-1410563_1280

    ハーブティー

    水出しハーブティーとは?

    水出しって通常のハーブティーとどう違うの?通常のハーブティーは、熱…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ハーブ

    ジェノベーゼレシピ
  2. 0000000002112

    ハーブティー

    ハーブティー(ル・ベネフィック)
  3. e86642434565dc18a4778f6975e979a3_m

    ハーブティー

    ハーブティーおすすめ
  4. herbs-pot-1320096-1599x1065

    ハーブバジルレシピ
  5. 006800_600

    ハーブティー

    ルピシア
PAGE TOP